宝塚歌劇団をメッカとしてあがめつつ、GACKT氏の暗黒の世界に飲み込まれる日々
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Monkey Majik.
2008/10/02/ (木) | edit |
現在CSでMonkey Majikの特集拝見中。

以前から素敵やなあ~と思っていた彼らの音楽ですが、
詳しく調べてみることはなぜかなかった。
なんでかっていうと、綺麗な音楽過ぎて、
正統派な歌詞すぎるような気がして・・・
灰汁がない音楽は逆に苦手なものでなんか避けてた

でも彼らの音楽に対するきっかけで、非常に面白いコメントがあったので
メモっておこうと思います。
音楽業界への天気は25歳だったというMaynardさん。(お兄さんかな?)

雰囲気だけどこういう感じのコメントをされてた
「音楽に入るきっかけがあったのは25歳。25歳って結構いろんなことを決めていく
時期じゃないですか?みんなちゃんとした仕事をしないとだめだよとかって言うし。
でも人生一回しかないし、音楽も面白いかなと思って(笑)でもその後6年間(だったかな?
10年ておっしゃってたかな?)なにもなかったですけど(笑)」

好きです、こういう生き方。
好きや、やってみたいんやっていう気持ちを一番にできるって
ほんまに素敵やなあと思います。
バンドメンバーとの出会いもセッションしてみたり、一緒に音楽やってみて
いいなって思うものを感覚で探して、マッチしたときの気持ちいい感覚を
気持ちが「ジャンプする」っていう表現であらわしてた。

う~~~~ん、わかるなあああああ~~~~~
ステキやなあ~~

こういうのが探し出せる日常っていいですね。
これは!っていう曲が私にあうタイミングで発表されたら
たぶんはまるなあ~っていう予感がします。
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。