宝塚歌劇団をメッカとしてあがめつつ、GACKT氏の暗黒の世界に飲み込まれる日々
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たったひとつの恋かぁ~
2006/11/05/ (日) | edit |
いいなぁ~恋に真剣になるってのはなぁ。
関西人の熱い血が騒いでくるやんかぁ!
でもあんな風な出会いってホント、良いのぉ~

でも自分だったら。
プールに一緒に落ちたらメーク崩れで引かれて終わり。

もしそこを突破しても、制服姿で追いかけても絶対探し出せない。
(動物的勘の鋭さよりも、めんどくささが120%勝つ)

約束に遅れた男を待つのは10分が限度。

ゲジゲジピカピカなんかほしいと思わんので、まずねだらん。
男子やる気起きずで終わり。

彼氏が昔の女と会っても、焼かない。なぜなら自分は昔の彼には
弱いので・・・これってやっぱだめだよな、これは直そう。

賢い弟大好きだ~!モードで兄貴がかすむ。
弟を本気で育てたくなってしまって危ない。

病院であんな本気モードで怒られたら絶対即帰宅。悔やんで終わり。

全然縁ないやん!
自分の行動のロマンのなさに、「あんな出会いはない」と悟りますた!
亀よ、ありがとう。

しっかし亀梨さん、切れる場面の迫力最高だにゃ♪
ドラマに出るたびに、どんどん冴えていく彼の演技の才能に感服。
20年後くらいに、幸せなマイホームパパの役とか見てみたいなり♪
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。