宝塚歌劇団をメッカとしてあがめつつ、GACKT氏の暗黒の世界に飲み込まれる日々
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(`ヽ´)をみて思うこと。
2007/09/24/ (月) | edit |
大きくなったなあ。

愛されてるなあ。

沖縄、おつかれ。

これから始まるあなたのアイドル最盛期、

立派に走りぬいてくれ!



ここから私の無責任発言です。

無責任だからねー!
劇無責任だよー!

でもストレスは発散できました。
うう、読みたい方は・・・どーぞです。


これは私が思うことなんですが、
つくづく、自分が向いていることは自分では分からないってことが
多いんやなと彼を見て思ったので
これから進路を見出そうと思っているお嬢様方や
もとより自分へのメッセージとして書きます。

ファンになりたてのころ、忠義の歌声に非常に惹かれた。
せやけど、忠義はもともとダンスがしたかったと知って
ダンスにも注目してみた。
うーん、どうなんやろう?
彼のダンスからは色気、ダンスが好きって気持ちは伝わるけれど
「素質」があるとは感じられなかった。
躍らせたらかっこいい体系なだけに惜しいし、
好きなんやから、これからの上達は望めるけれども、
ダンサー系には属さないアイドルだろう。
宝塚でもそうやけど、その人の「癖」の方向が
よい場合と悪い場合がある。
たとえば、錦戸亮さんのダンスには癖が多々ある。
だけどそのダンスには人をひきつけてやまない「癖=動き」があり
決してダンサー系とは呼ばれないのに、
彼のダンスをリピってることが多い。
さあ、忠義の身長を生かしきれないダンスの癖は果たして直るか?!

だけど、彼が最初戸惑いを覚えたドラムに関しては
もうほんまに、ジャニーさんてやっぱりすごいとしか言いようがない。
努力はもちろんあるけれども、打楽器もやはり
ダンスと同じで向き、不向きがはっきり分かれるものやと思う。
その「向き」をしっかり見抜いた安&丸もやっぱりすごい。
彼らが言わなかったら、忠義は絶対ドラムしなかったやろうし。
去年はドラムに対する姿勢が真剣になり
今年のライブでは、音が本物になってきた。
これはマイ・ドラムをゲットしたからだけではないと思う。
「素質」があったからだと思う。

これまで生きてきて、自分で好きだと思ったのは
ダンスと語学とデザイン。
語学、ダンスは自分の思ったとおりの実を結んで
仕事は語学を生かしたものをしているし、
ダンスは「動いたらダンサーやね」って(おい!)
先生方にお褒めをいただくことが多いのですが、
(やせないとね・・・ともよく言われる)
一番したかった衣装デザインの仕事は早々に壁にぶちあたり、
好きやけど、自分には素質ってものがまったくないことに気づいた。
デザイン学科に入ったはいいけど、デザインをするのはいいけど
好きなことをやっても楽しくなかった!
これが不思議。
自分の場所を知るっていうのは大切なんやと悟りました。
というのも、ほかの人から衣装デザインを薦められたこと
なかったな。みんな「できるの?!」って方が多かったしな(汗)
「舞台に立つほうが向いてるんじゃ?!」って真剣に言われたり・・・
なんとかやったし、卒業したけど、必死でした。

だから、あなたがもし今度進路に悩んだら、周りにほめられる分野を
極めてみればいいのかなと思います。
料理でも演劇でも裁縫でも気遣いでもなんでも
ほかの人からみたあなたのよい面を自分で伸ばすのも
楽しいではないか(笑)

って!なんで進路相談してんねやろ・・・
若いころは人の意見を聞き入れにくいけど、
「好きな」分野で「どれが」向いているかについては
意見をとりいれたらうまくいくよ☆っていいたかった。
忠義もこうやってリズム感を生かしたドラムというすばらしい
武器に出会えたわけですし。
ギターもやるくらいやから楽器には抵抗なかったんやろうな~

ああ、無責任発言って怖い!
スポンサーサイト
Comment
Comment list
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/26(Wed) 14:39 |   |  #[ edit]
ぴさん☆
この記事読ませてもらって、ぴさんは大人だな、すげぇなって思いました。
説得力もあるし、
なんか勇気づけられました(つд`)

褒めるばかりじゃない、好きだからこそ盲目にならず批評もする…
そんな忠義担の方大好きなんです☆
私、ダンスとドラムに関しては全くの素人なんで突っ込むことが出来なかったんですが、
今回ぴさんの意見読んで、新たな考え方を知ることが出来ました。

ありがとうございます☆
(*^-^)ノ
2007/10/01(Mon) 01:55 | URL  | あやの #-[ edit]
ぬぉぉぉ・・・
あやのちゃま

あなたのようなお若い方に読んで頂いたと思うと
うれしいような、こんな無茶な意見を読まれた!という思いとで
複雑でござるんですが(汗)
少しでも喜んでいただけたようでヨカタ(涙)
そう!ほめて伸びる忠義にも、時には
ずばずば言わないとね!
・・・って完全エゴっす!(笑)
暖かいコメント、ありがとうございました(土下座)
2007/10/02(Tue) 02:59 | URL  | ぴぴぴ #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。