宝塚歌劇団をメッカとしてあがめつつ、GACKT氏の暗黒の世界に飲み込まれる日々
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本題に入らなければっ
2006/10/16/ (月) | edit |
…(゜∀゜;)ハァハァ

息も絶え絶えです。
な~んだかなぁ~…風邪気味だしなぁ、
男前にも男前なお姉さんにも縁がないしなぁ~
秋なのになぁ~・・・
やるせなすぅ~・・・

なんていってるバヤイじゃニャい!

10月8日(日)「堕天使の涙」「タランテラ」観劇
&有沙美帆さんお茶会
いって参りました~(涙そうそう)


またまた感想をばアップいたしましたが、
長い・・・ので、はしょって感動をお伝えするとっ!

前にも述べましたが、
オイラ、この二つの作品大好きになってしまいました!

植田先生の荻ー化、荻ーの道化化とでもいいましょうか?
(なんだ、荻ーって。オギーと言いたいようです)
(なんかカタカナ変換が苦手ニャンです。)
二つとも何か共通するテーマのような印象があり、
お芝居の中で舞台になっていた「舞台」をショーで再現してみせた、
みたいな・・・
毒々しい色使いも、コムさんの立ち位置も役柄的にも。
・・・む?でも始まり方がはじけてたなぁ、ショーは。

そしてっ!
有沙さんことまこちゃんさんはすごい!
最上級カワユス!
もうっ…ホントにコムさんと同期なんだろうかな?!なんだなぁ~…

でも。あんなに小さくてかわいいのに、すごくしっかりしていて、
いい意味で地に足のついた素晴らしい人でした。
私が言葉に詰まってしまったときも、
さりげなくフォローを入れられる彼女。
お茶会の主役なのに、全然自分本位じゃない彼女の姿に心が洗われました。

彼女が涙を流しながら言っていた、ファンの皆様あっての私だったって言葉、
絶対忘れません!
ありきたりの言葉かも知れないけれど、
どんなスターから聞くより重みがあって…・゚・(ノД`)・゚・
あなたを応援できる期間は短かったかも知れないけれど、
最後まで全力で応援します!
ダンサー有沙美帆を見届けたいです!

こんな感じで続きます~

PS
ファンからもお願いします!
朝海さん、悠さん、これからもまこちゃんをお願いします!

ここまで読んでくださる方はネ申です!
さぁ~長いかもよ~
ウザイかもよ~(うへうへ)
(じゃ書くな!)(すみません)

「堕天使の涙」「タランテラ」

初見で気に入ったのは、2002年星組タータンさん率いる
プラハの春・ラッキースター以来でしょうか?
(なんか趣味変なんだね、きっと)
あの瞳子氏がうたう、ヤン・パラフの歌も好きだったし
(だれもっ知らないんだ~みたいな歌)
ショーでの、夢輝のあことねったん氏が率いる若手男役達の
くもの巣ダンスも大好きだった・・・
おおぅ、くもの巣?!共通点ハケーン!
オイラ、クモが好きなのか?む?

さ、隠れた自分の嗜好を発見したところで!
オイラ、「このお芝居は日本人には理解しがたいかも」と書いておりました。
それは日本人にとっての聖書という存在が
あまり馴染み深くないということにあると思います。
これは日本人だけではなくて、現代の地球人が
一体どこまで「神vs悪魔」「人間vs悪魔」の話題に興味があるんだ?
ということかも知れません。

それ言ったらおしまいじゃよ…ってことになるんですが、

結論から言ってしまえば、
いくら宝塚が夢の国でも、小室さんがスーパー小悪魔的美女でも
悪魔が「天上界」に戻る日は二度と来ないということです!
ということは…
正塚先生の「カナリア」も同じ。
(拝見したことがないので、細かいことが分からないんですが)
「戻ることはあるのだろうか」という言葉すら出てこないはずの
もっと深刻な永久追放罪を言い放たれているのです。

欧米社会では悪魔は恐れられている(もしくはいた)と同時に、
非常に現実的な存在だったとも思うので、
悪魔が現れたとなると恐ろしいと同時に、ジャンポールのように
コロッと信じたりしてしまうんでしょうね。
だけど、こんなんやったらルシファーよりファントムのほうが恐れられてるよ。
確かに、悪魔は「光の使いに姿をかえて人を惑わす」ことや
ただクエスチョンを投げかけたり、チョイスを差し出すだけで、
決定は人間にさせるという手を使うので、
そういう面に目を向けたのでしょうね。
でも、それだったら本当は、ルシファーにもっと怖い内面が隠れて
いるということになって、ホラーになっちゃうよ!

なんなら主役はジャンポールだったらだめだったんだろうか?
リリスとは恋人同士ということで、再びめぐりあうんじゃだめなんか?
水さんがルシファー(みたいな存在)で二人を惑わす
不思議人間/劇場支配人(か劇作家)/リリスの兄(シスコン)じゃ
だめなんか~~!!?
(●△●)

でもすき!(なーやねん!)
色彩が。ライトが。意味不明さが!
宝塚って結局訳わかんないのがいいのかなあ?
蜷川劇も訳わかんないもんなあ~
でも土台のしっかりさが全然ちがうもんなあ。うん。

なんかすごい長くなってしまった予感がするので、このあたりで
さよならなり。

まこ茶については次回なり!
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。